• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スポンサー4社がロクテとの契約解除 強盗虚偽通報の代償

 リオ五輪の競泳で金メダルを獲得した米国のライアン・ロクテ(32)ら4人が虚偽の強盗被害を訴えた問題で、世界的水着メーカーのスピードやアパレル大手ラルフローレンなど4社が22日、ロクテとのスポンサー契約の打ち切りを発表した。

 スピード社はロクテの行為について、「ブランドの価値にそぐわない振る舞いを見過ごすことはできない」と説明。スポンサー料の5万ドル(約500万円)を、ブラジルの子供たちを支援する団体に寄付すると表明した。寝具メーカーのエアウィーヴ(東京)もスポンサー契約の解除を発表した。

 AP通信によると、米国オリンピック委員会(USOC)と米国水泳連盟がロクテの処分を検討しているといい、2020年東京五輪への出場は不透明な状況。“蛮行”の代償は高くつきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る