スポンサー4社がロクテとの契約解除 強盗虚偽通報の代償

公開日:  更新日:

 リオ五輪の競泳で金メダルを獲得した米国のライアン・ロクテ(32)ら4人が虚偽の強盗被害を訴えた問題で、世界的水着メーカーのスピードやアパレル大手ラルフローレンなど4社が22日、ロクテとのスポンサー契約の打ち切りを発表した。

 スピード社はロクテの行為について、「ブランドの価値にそぐわない振る舞いを見過ごすことはできない」と説明。スポンサー料の5万ドル(約500万円)を、ブラジルの子供たちを支援する団体に寄付すると表明した。寝具メーカーのエアウィーヴ(東京)もスポンサー契約の解除を発表した。

 AP通信によると、米国オリンピック委員会(USOC)と米国水泳連盟がロクテの処分を検討しているといい、2020年東京五輪への出場は不透明な状況。“蛮行”の代償は高くつきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る