スポンサー4社がロクテとの契約解除 強盗虚偽通報の代償

公開日:  更新日:

 リオ五輪の競泳で金メダルを獲得した米国のライアン・ロクテ(32)ら4人が虚偽の強盗被害を訴えた問題で、世界的水着メーカーのスピードやアパレル大手ラルフローレンなど4社が22日、ロクテとのスポンサー契約の打ち切りを発表した。

 スピード社はロクテの行為について、「ブランドの価値にそぐわない振る舞いを見過ごすことはできない」と説明。スポンサー料の5万ドル(約500万円)を、ブラジルの子供たちを支援する団体に寄付すると表明した。寝具メーカーのエアウィーヴ(東京)もスポンサー契約の解除を発表した。

 AP通信によると、米国オリンピック委員会(USOC)と米国水泳連盟がロクテの処分を検討しているといい、2020年東京五輪への出場は不透明な状況。“蛮行”の代償は高くつきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る