• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季6度目の棄権 ジャンボ尾崎69歳“終生現役”に終止符か

【ANAオープン】

 本大会7度の優勝を誇り、ツアー制度発足の1973年初代賞金王から12度もトップに君臨したジャンボこと、尾崎将司(69)の今季6度目の棄権が話題になっている。

 大会初日に、10ホールを終了した時点で腰痛のためプレーをやめた。

「この状態ではみなに迷惑をかける。わがままな人生を送ってきたが、試合数を絞るとか将来を考える」(尾崎)

 最後に予選を突破したのは2013年つるやオープン(51位)。それから48試合連続で賞金ゼロが続いている。尾崎と同い年でゴルフファンの政岡としや氏がこう言う。

「ジャンボは日本ツアーを盛り上げた功労者であり、スターであったことは間違いない。終生現役にこだわり、シニアツアーに背をそむけてきた。彼のプライドであり、生きざまだから、それはいい。だが試合に出ても棄権ばかりで痛々しい姿しか見せられないのなら、ファンを失望させるだけです。レギュラーにしがみついているのもエゴにしか思えなくなる。せめて2日間プレーできる体づくりをして、もう一度出直して欲しい」

 圧倒的な飛距離でギャラリーを魅了してきたジャンボ。タイガー・ウッズが来日出場した時には「飛距離は負けていない」と胸を張った。だが今ではドライバー飛距離は246ヤードしかなく、ランク外。

 古希前にやっと潮時を悟ったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る