• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季6度目の棄権 ジャンボ尾崎69歳“終生現役”に終止符か

【ANAオープン】

 本大会7度の優勝を誇り、ツアー制度発足の1973年初代賞金王から12度もトップに君臨したジャンボこと、尾崎将司(69)の今季6度目の棄権が話題になっている。

 大会初日に、10ホールを終了した時点で腰痛のためプレーをやめた。

「この状態ではみなに迷惑をかける。わがままな人生を送ってきたが、試合数を絞るとか将来を考える」(尾崎)

 最後に予選を突破したのは2013年つるやオープン(51位)。それから48試合連続で賞金ゼロが続いている。尾崎と同い年でゴルフファンの政岡としや氏がこう言う。

「ジャンボは日本ツアーを盛り上げた功労者であり、スターであったことは間違いない。終生現役にこだわり、シニアツアーに背をそむけてきた。彼のプライドであり、生きざまだから、それはいい。だが試合に出ても棄権ばかりで痛々しい姿しか見せられないのなら、ファンを失望させるだけです。レギュラーにしがみついているのもエゴにしか思えなくなる。せめて2日間プレーできる体づくりをして、もう一度出直して欲しい」

 圧倒的な飛距離でギャラリーを魅了してきたジャンボ。タイガー・ウッズが来日出場した時には「飛距離は負けていない」と胸を張った。だが今ではドライバー飛距離は246ヤードしかなく、ランク外。

 古希前にやっと潮時を悟ったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る