今季6度目の棄権 ジャンボ尾崎69歳“終生現役”に終止符か

公開日:  更新日:

【ANAオープン】

 本大会7度の優勝を誇り、ツアー制度発足の1973年初代賞金王から12度もトップに君臨したジャンボこと、尾崎将司(69)の今季6度目の棄権が話題になっている。

 大会初日に、10ホールを終了した時点で腰痛のためプレーをやめた。

「この状態ではみなに迷惑をかける。わがままな人生を送ってきたが、試合数を絞るとか将来を考える」(尾崎)

 最後に予選を突破したのは2013年つるやオープン(51位)。それから48試合連続で賞金ゼロが続いている。尾崎と同い年でゴルフファンの政岡としや氏がこう言う。

「ジャンボは日本ツアーを盛り上げた功労者であり、スターであったことは間違いない。終生現役にこだわり、シニアツアーに背をそむけてきた。彼のプライドであり、生きざまだから、それはいい。だが試合に出ても棄権ばかりで痛々しい姿しか見せられないのなら、ファンを失望させるだけです。レギュラーにしがみついているのもエゴにしか思えなくなる。せめて2日間プレーできる体づくりをして、もう一度出直して欲しい」

 圧倒的な飛距離でギャラリーを魅了してきたジャンボ。タイガー・ウッズが来日出場した時には「飛距離は負けていない」と胸を張った。だが今ではドライバー飛距離は246ヤードしかなく、ランク外。

 古希前にやっと潮時を悟ったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る