あの田中角栄を指導 99歳現役最年長プロ語る「長寿の秘訣」

公開日:  更新日:

 1916(大正5)年10月生まれ。来月99歳になる現役最年長プロゴルファーが内田棟さん。「ケサゴン」の愛称で親しまれた88年シニアツアー初代賞金王、内田袈裟彦プロ(故人)の父である。

 内田プロの公式競技の出場は、2012年日本プロゴルフゴールドシニア選手権関東予選が最後だが、今も自宅の庭で毎日ボールを打つ。家の中ではエアロバイクをこぎ、足踏み健康器具で体を動かしている。

■55歳でプロにトライし一発合格

 内田プロがゴルフに接したのは大正15年、10歳の時だ。

「小遣い稼ぎのため旧軽井沢ゴルフクラブでキャディーのアルバイトを始めたのです。その頃、器用な先輩に連れられて山へ行き、L字形の枝を数十本とってきて、鉈で削ってロフトをつけてクラブも作った。クラブは売っていましたが高くて買えなかった。小学6年の時に旧軽井沢のスポーツ店に行ったら、5番アイアン1本は、米1俵とほぼ同額(約11円)でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る