古参ファンは辟易 相撲協会の“稀勢の里ゴリ押し”必要か?

公開日:  更新日:

「我々のような古参のファンには、今の相撲ブームは必ずしもうれしいことばかりじゃないんですよ」

 こう話すのは、国技館を訪れた岐阜県の相撲ファンだ。

 初日から満員御礼が続いている大相撲9月場所。初日の時点で、前売り券は千秋楽まで完売。わずかな当日券も、発売して30分もしないうちに売り切れる。国技館での本場所は例年、朝8時にチケット売り場が開いていたのが、今回から7時45分に繰り上がった。

 冒頭のファンが言う。

「私は初日の前日に東京のホテルに宿泊して、朝4時からチケット売り場に並びました(笑い)。以前は、平日ならフラッと来ても当日券を買えたんですけどねえ。今はとても無理です。何か、古参のファンが得するようなサービスなどがあればいいんですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る