日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

古参ファンは辟易 相撲協会の“稀勢の里ゴリ押し”必要か?

「我々のような古参のファンには、今の相撲ブームは必ずしもうれしいことばかりじゃないんですよ」

 こう話すのは、国技館を訪れた岐阜県の相撲ファンだ。

 初日から満員御礼が続いている大相撲9月場所。初日の時点で、前売り券は千秋楽まで完売。わずかな当日券も、発売して30分もしないうちに売り切れる。国技館での本場所は例年、朝8時にチケット売り場が開いていたのが、今回から7時45分に繰り上がった。

 冒頭のファンが言う。

「私は初日の前日に東京のホテルに宿泊して、朝4時からチケット売り場に並びました(笑い)。以前は、平日ならフラッと来ても当日券を買えたんですけどねえ。今はとても無理です。何か、古参のファンが得するようなサービスなどがあればいいんですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事