古参ファンは辟易 相撲協会の“稀勢の里ゴリ押し”必要か?

公開日: 更新日:

「我々のような古参のファンには、今の相撲ブームは必ずしもうれしいことばかりじゃないんですよ」

 こう話すのは、国技館を訪れた岐阜県の相撲ファンだ。

 初日から満員御礼が続いている大相撲9月場所。初日の時点で、前売り券は千秋楽まで完売。わずかな当日券も、発売して30分もしないうちに売り切れる。国技館での本場所は例年、朝8時にチケット売り場が開いていたのが、今回から7時45分に繰り上がった。

 冒頭のファンが言う。

「私は初日の前日に東京のホテルに宿泊して、朝4時からチケット売り場に並びました(笑い)。以前は、平日ならフラッと来ても当日券を買えたんですけどねえ。今はとても無理です。何か、古参のファンが得するようなサービスなどがあればいいんですけど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る