国際体操連盟会長選 日本人理事圧勝のウラに文科省マネー

公開日:

 国際体操連盟(FIG)の第9代会長に選出された日本協会の渡辺守成専務理事(57)は、欧州体操連合のグルゼク会長(68=フランス)と一騎打ちとなった19日の会長選で勝利。100対19という圧勝だった。

 欧州出身者以外がFIG会長になるのは初。日本人が五輪実施競技の国際連盟(IF)の会長に就任するのは、国際卓球連盟会長を87~94年まで務めた故・荻村伊智朗氏以来22年ぶりとなる。

 欧州出身者が牛耳ってきたFIGのトップに立った渡辺氏は、「内村(航平)や白井(健三)の活躍、リオ五輪団体金メダル獲得が選挙戦の後押しになった」と語っていたが、ブルーノ・グランディ前会長のバックアップも大きかった。

「前会長は、リオ五輪の男子団体で金メダルを獲得した日本を高く評価。中国メディアには、前会長が『日本は東洋人の緻密さを残しつつ、西洋に学んだ。伝統の束縛から脱却した。中国がロボットのような練習を続けるならば、演技がどれだけ完璧であっても、表現力では劣る』と発言したと報じられました。日本びいきなのは確かで、前会長の存在も選挙の追い風になった」(アマチュアスポーツ担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る