国際体操連盟会長選 日本人理事圧勝のウラに文科省マネー

公開日:

 国際体操連盟(FIG)の第9代会長に選出された日本協会の渡辺守成専務理事(57)は、欧州体操連合のグルゼク会長(68=フランス)と一騎打ちとなった19日の会長選で勝利。100対19という圧勝だった。

 欧州出身者以外がFIG会長になるのは初。日本人が五輪実施競技の国際連盟(IF)の会長に就任するのは、国際卓球連盟会長を87~94年まで務めた故・荻村伊智朗氏以来22年ぶりとなる。

 欧州出身者が牛耳ってきたFIGのトップに立った渡辺氏は、「内村(航平)や白井(健三)の活躍、リオ五輪団体金メダル獲得が選挙戦の後押しになった」と語っていたが、ブルーノ・グランディ前会長のバックアップも大きかった。

「前会長は、リオ五輪の男子団体で金メダルを獲得した日本を高く評価。中国メディアには、前会長が『日本は東洋人の緻密さを残しつつ、西洋に学んだ。伝統の束縛から脱却した。中国がロボットのような練習を続けるならば、演技がどれだけ完璧であっても、表現力では劣る』と発言したと報じられました。日本びいきなのは確かで、前会長の存在も選挙の追い風になった」(アマチュアスポーツ担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る