国際体操連盟会長選 日本人理事圧勝のウラに文科省マネー

公開日: 更新日:

 国際体操連盟(FIG)の第9代会長に選出された日本協会の渡辺守成専務理事(57)は、欧州体操連合のグルゼク会長(68=フランス)と一騎打ちとなった19日の会長選で勝利。100対19という圧勝だった。

 欧州出身者以外がFIG会長になるのは初。日本人が五輪実施競技の国際連盟(IF)の会長に就任するのは、国際卓球連盟会長を87~94年まで務めた故・荻村伊智朗氏以来22年ぶりとなる。

 欧州出身者が牛耳ってきたFIGのトップに立った渡辺氏は、「内村(航平)や白井(健三)の活躍、リオ五輪団体金メダル獲得が選挙戦の後押しになった」と語っていたが、ブルーノ・グランディ前会長のバックアップも大きかった。

「前会長は、リオ五輪の男子団体で金メダルを獲得した日本を高く評価。中国メディアには、前会長が『日本は東洋人の緻密さを残しつつ、西洋に学んだ。伝統の束縛から脱却した。中国がロボットのような練習を続けるならば、演技がどれだけ完璧であっても、表現力では劣る』と発言したと報じられました。日本びいきなのは確かで、前会長の存在も選挙の追い風になった」(アマチュアスポーツ担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る