倉本昌弘氏に聞く<上>日本ゴルフ界 東京五輪への課題

公開日:

 112年ぶりにリオ五輪で復活したゴルフで男子は池田勇太21位、片山晋呉も54位に終わった。強化委員長を務めた日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長(61)は帰国会見で「ゴルフは他の競技に比べて長すぎる。何とかしないといけない」と語り、24日に行われた五輪競技対策本部・強化委員会でも、東京五輪はチーム戦がいいという意見で一致したという。東京五輪に向けての課題、低迷する男子ツアーなどについて話を聞いた。

――倉本会長は、ゴルフは他の(五輪)競技に比べて長すぎると言いました。真意を教えてください。

「ゴルフ人口が減り、衰退の道をたどっている中、五輪を利用してゴルフ人気を高めようという考えがありました。世界でゴルフをする人口は全体の1%か2%です。米国人や欧州人などゴルフが好きな国民は、時差があっても生中継で見ます。それ以外の全世界の約98%の人たちはゴルフに興味がない、ゴルフを知らない人に、その素晴らしさを伝えるには、今のやり方は向いていないのではないかと思ったのです。例えば、バレーボールはサーブ権の有無に関係なく点が入るラリーポイント制に変えてスピードアップを図った。ゴルフは今回のリオ五輪で1ラウンド6時間近くもかかり、それを延々とテレビで流していた。これでは、ゴルフが見向きもされない状況になると思ったわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る