倉本昌弘氏に聞く<上>日本ゴルフ界 東京五輪への課題

公開日: 更新日:

 112年ぶりにリオ五輪で復活したゴルフで男子は池田勇太21位、片山晋呉も54位に終わった。強化委員長を務めた日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長(61)は帰国会見で「ゴルフは他の競技に比べて長すぎる。何とかしないといけない」と語り、24日に行われた五輪競技対策本部・強化委員会でも、東京五輪はチーム戦がいいという意見で一致したという。東京五輪に向けての課題、低迷する男子ツアーなどについて話を聞いた。

――倉本会長は、ゴルフは他の(五輪)競技に比べて長すぎると言いました。真意を教えてください。

「ゴルフ人口が減り、衰退の道をたどっている中、五輪を利用してゴルフ人気を高めようという考えがありました。世界でゴルフをする人口は全体の1%か2%です。米国人や欧州人などゴルフが好きな国民は、時差があっても生中継で見ます。それ以外の全世界の約98%の人たちはゴルフに興味がない、ゴルフを知らない人に、その素晴らしさを伝えるには、今のやり方は向いていないのではないかと思ったのです。例えば、バレーボールはサーブ権の有無に関係なく点が入るラリーポイント制に変えてスピードアップを図った。ゴルフは今回のリオ五輪で1ラウンド6時間近くもかかり、それを延々とテレビで流していた。これでは、ゴルフが見向きもされない状況になると思ったわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  6. 6

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る