倉本昌弘氏に聞く<上>日本ゴルフ界 東京五輪への課題

公開日:

 112年ぶりにリオ五輪で復活したゴルフで男子は池田勇太21位、片山晋呉も54位に終わった。強化委員長を務めた日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長(61)は帰国会見で「ゴルフは他の競技に比べて長すぎる。何とかしないといけない」と語り、24日に行われた五輪競技対策本部・強化委員会でも、東京五輪はチーム戦がいいという意見で一致したという。東京五輪に向けての課題、低迷する男子ツアーなどについて話を聞いた。

――倉本会長は、ゴルフは他の(五輪)競技に比べて長すぎると言いました。真意を教えてください。

「ゴルフ人口が減り、衰退の道をたどっている中、五輪を利用してゴルフ人気を高めようという考えがありました。世界でゴルフをする人口は全体の1%か2%です。米国人や欧州人などゴルフが好きな国民は、時差があっても生中継で見ます。それ以外の全世界の約98%の人たちはゴルフに興味がない、ゴルフを知らない人に、その素晴らしさを伝えるには、今のやり方は向いていないのではないかと思ったのです。例えば、バレーボールはサーブ権の有無に関係なく点が入るラリーポイント制に変えてスピードアップを図った。ゴルフは今回のリオ五輪で1ラウンド6時間近くもかかり、それを延々とテレビで流していた。これでは、ゴルフが見向きもされない状況になると思ったわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る