どっち見る? 松山V争いのWGCと国内大会が放送時間重複

公開日: 更新日:

【WGC-HSBC選手権 2日目】

 日本オープン優勝、米ツアーCIMBクラシック2位と2週連続で好成績を残した松山英樹(24)の勢いが止まらない。

 今大会は年4試合ある世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズであり、準メジャーの位置付け。世界ランクトップ10のうち欠場したのは2人だけという豪華な顔ぶれがそろった。

 3位タイ発進の2日目は、9バーディー、2ボギーの65をマーク。通算13アンダーまでスコアを伸ばし単独トップに立ち、日本人初のWGC優勝と米ツアー3勝目に向けて大きく前進した。

「ショットはちょっとずつよくなりつつある。自信を持って打てるレベルまでいっていないが、パッティングでうまくしのいでる。このパッティングが続くように練習したい。トップに立っているので、崩れずに耐えてやっていきたい」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る