日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どっち見る? 松山V争いのWGCと国内大会が放送時間重複

【WGC-HSBC選手権 2日目】

 日本オープン優勝、米ツアーCIMBクラシック2位と2週連続で好成績を残した松山英樹(24)の勢いが止まらない。

 今大会は年4試合ある世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズであり、準メジャーの位置付け。世界ランクトップ10のうち欠場したのは2人だけという豪華な顔ぶれがそろった。

 3位タイ発進の2日目は、9バーディー、2ボギーの65をマーク。通算13アンダーまでスコアを伸ばし単独トップに立ち、日本人初のWGC優勝と米ツアー3勝目に向けて大きく前進した。

「ショットはちょっとずつよくなりつつある。自信を持って打てるレベルまでいっていないが、パッティングでうまくしのいでる。このパッティングが続くように練習したい。トップに立っているので、崩れずに耐えてやっていきたい」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事