日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本シリーズで露呈 プロ野球から“鉄壁の守り”なぜ消えた

 日本ハムが広島を4勝2敗で下した今年の日本シリーズ。総じて見応えのある戦いだった。それだけに、熱戦に水を差した第6戦のレアードと田中の失策にはガッカリしたファンも少なくないだろう。

 レアードのミスは二回、石原の平凡な打球をトンネルして得点を与え、田中も四回無死一塁でレアードの打球で併殺を狙いポロリとやった。このエラーも失点に絡んだ。今シリーズの失策数は両チームで8個(各4個)だった。

 1982年から2年連続日本一になった西武OB(二塁手)の山崎裕之氏がこう語る。

「ビデオを見ると、田中への打球は少しイレギュラーバウンドしていた。もう一歩前に出るか、安全にひとつ待って捕球すれば、一塁走者だけでもアウトにできた。田中は今季、セで最多失策(18個)を記録している。ホームグラウンドは天然芝で内野は土だが、それは言い訳にはならない。第6戦はホームでの試合なので、イレギュラーのことを頭の隅に置いていれば対応できたはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事