日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

川内優輝の世陸代表かかるレースに“7分切り”のハードル

 それでも無理な話だろう。福岡国際マラソン(12月4日)の事務局は31日、国内外の招待選手を発表。公務員ランナーの川内優輝(29=埼玉県庁)や、3連覇のかかるパトリック・マカウ(31=ケニア・自己ベスト2時間3分38秒)らがエントリーした。今大会は来年の世界陸上(8月・ロンドン)の男子代表選考会を兼ねている。

 陸連が決めた派遣設定記録は、リオ五輪の代表選考より30秒遅い2時間7分0秒。このタイムをクリアすれば、即、代表内定となるが、日本選手が近年7分台を記録したのは、昨年の東京マラソンで今井正人が出した7分39秒が最後。しかも、今井の7分台は日本選手としては3年ぶりだった。

 6分30秒より現実的なタイムになったものの、川内の自己ベストは2時間8分14秒。「7分切り」でも厳しいハードルだ。派遣設定記録を突破できなくても、日本人3位以内に入れば代表選考の対象になるが、選考レースは福岡以外に3大会残っている。来年の世界陸上で日本代表には区切りをつけると公言している川内。「大舞台を走って日の丸にサヨナラ」というシナリオは、かなり難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事