川内優輝の世陸代表かかるレースに“7分切り”のハードル

公開日: 更新日:

 それでも無理な話だろう。福岡国際マラソン(12月4日)の事務局は31日、国内外の招待選手を発表。公務員ランナーの川内優輝(29=埼玉県庁)や、3連覇のかかるパトリック・マカウ(31=ケニア・自己ベスト2時間3分38秒)らがエントリーした。今大会は来年の世界陸上(8月・ロンドン)の男子代表選考会を兼ねている。

 陸連が決めた派遣設定記録は、リオ五輪の代表選考より30秒遅い2時間7分0秒。このタイムをクリアすれば、即、代表内定となるが、日本選手が近年7分台を記録したのは、昨年の東京マラソンで今井正人が出した7分39秒が最後。しかも、今井の7分台は日本選手としては3年ぶりだった。

 6分30秒より現実的なタイムになったものの、川内の自己ベストは2時間8分14秒。「7分切り」でも厳しいハードルだ。派遣設定記録を突破できなくても、日本人3位以内に入れば代表選考の対象になるが、選考レースは福岡以外に3大会残っている。来年の世界陸上で日本代表には区切りをつけると公言している川内。「大舞台を走って日の丸にサヨナラ」というシナリオは、かなり難しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る