無敗横綱を撃破も…稀勢の里の浮き沈みにファンやきもき

公開日:  更新日:

 なぜ、その強さを大一番で発揮できないのか。

 大関稀勢の里(30)が無敗の横綱鶴竜に土をつけた。立ち合いで不利な体勢となるも、前に出ながらの小手投げで反撃。つんのめって前かがみになった鶴竜の背中を両手で押し潰し、トドメを刺した。場内が大歓声に包まれると、稀勢の里は「威風堂々」たるもの。眉ひとつ動かさない様は、長いこと綱を張ってきたような貫禄すら漂わせていた。

 これで前日の白鵬に続き、2日連続で横綱を撃破。無敗力士はいなくなり、2敗の自身にも優勝の目が出てきた。

 もっとも、相撲ファンにしてみれば、「たまにじゃなく、いつもそういう相撲を取ってくれ!」と文句のひとつも言いたいところだろう。

 先場所までは3度続いた綱とりに、ことごとく失敗。今場所も遠藤と正代、平幕2人に黒星を喫している。この取りこぼしさえなければ、無敗で優勝争いの筆頭だったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る