二軍投手Cに西口氏 西武監督教育に“根本イズム”しっかり

公開日: 更新日:

 数年後が楽しみだ。

 西武は11日、辻新監督以下、来季のコーチ人事を発表。中でも目玉は西口文也二軍投手コーチ(44)だ。

 94年ドラフト3位で立正大から西武に入団。以来、15年に引退するまで西武一筋21年。松坂(現ソフトバンク)と双璧を成すエースとして活躍し、通算182勝118敗。将来の監督候補であることは間違いない。

 西武は昔から、指導者候補のOBに対しての教育が手厚い。08年に就任した渡辺監督(現SD)は現役引退後に台湾球界で修業した経験を評価し、二軍の指導者としてチームに復帰させた。現在はロッテで指揮を執る伊東監督も、現役晩年の2年間は兼任コーチだった。西口コーチにしても、今年は球団編成部に所属しながら台湾、韓国球界で臨時コーチを経験した。現役時代に実績を残した選手でも、経験を積ませて勉強させる。かつて西武やダイエーで敏腕フロントとして知られた故・根本陸夫の教えが息づいている証拠だろう。

 昨オフ、原前監督が辞任するや、兼任コーチだった高橋を指揮官のイスに座らせた巨人とは対照的だ。

 伊東、渡辺と球団に教育された両監督は、いずれも日本一を経験。西口コーチもその系譜に名を連ねるようになるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  6. 6

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  7. 7

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る