惨敗試合でも存在感 レスター岡崎は国内リーグも活躍期待

公開日:  更新日:

 日本代表FW岡崎慎司(30)が所属する英プレミアリーグ・レスターは8日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)でポルト(ポルトガル)と対戦(午前4時45分キックオフ)。グループリーグG組首位を確定して決勝トーナメント進出を決めているレスターは、エースFWバーディーら主力選手を温存。序盤から“勝てば自力で2位通過”のポルトに攻め込まれ、前半終了時で0─3のワンサイドゲームとなった。

 そんな中、ひとり気を吐いたのが岡崎である。2トップのひとり、右サイド、トップ下とポジションを変えながら攻守に奮闘。60分、中盤で相手ボールを奪って左に展開すると相手ゴール前に猛然とダッシュし、クロスに反応して強烈ヘディングシュート。

 終了間際にはペナルティーエリア内でゴールに背を向けた状態で胸トラップ。鋭い反転からボレーシュートを試みたり、ボール支配率ポルト65%・レスター35%、シュート数ポルト18本(枠内8本)・レスター7本(0本)、パス成功数549本(成功率85%)・レスター216本(67%)と圧倒的不利な状況でも一線級の実力をアピールした。

 昨季国内リーグを制したが、今季は16位と低迷しているレスター。国内メディアは「控え扱いのオカザキをスタメンで起用すべし」の大合唱だ。

 大惨敗試合でも存在感を示した岡崎。今後はリーグ戦でも主力組として起用され、ゴール量産が期待できるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る