日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

惨敗試合でも存在感 レスター岡崎は国内リーグも活躍期待

 日本代表FW岡崎慎司(30)が所属する英プレミアリーグ・レスターは8日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)でポルト(ポルトガル)と対戦(午前4時45分キックオフ)。グループリーグG組首位を確定して決勝トーナメント進出を決めているレスターは、エースFWバーディーら主力選手を温存。序盤から“勝てば自力で2位通過”のポルトに攻め込まれ、前半終了時で0─3のワンサイドゲームとなった。

 そんな中、ひとり気を吐いたのが岡崎である。2トップのひとり、右サイド、トップ下とポジションを変えながら攻守に奮闘。60分、中盤で相手ボールを奪って左に展開すると相手ゴール前に猛然とダッシュし、クロスに反応して強烈ヘディングシュート。

 終了間際にはペナルティーエリア内でゴールに背を向けた状態で胸トラップ。鋭い反転からボレーシュートを試みたり、ボール支配率ポルト65%・レスター35%、シュート数ポルト18本(枠内8本)・レスター7本(0本)、パス成功数549本(成功率85%)・レスター216本(67%)と圧倒的不利な状況でも一線級の実力をアピールした。

 昨季国内リーグを制したが、今季は16位と低迷しているレスター。国内メディアは「控え扱いのオカザキをスタメンで起用すべし」の大合唱だ。

 大惨敗試合でも存在感を示した岡崎。今後はリーグ戦でも主力組として起用され、ゴール量産が期待できるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事