青木JGTOに早くも暗雲…松井功副会長めぐる裁判ドロ沼化

公開日: 更新日:

 今年発足した日本ゴルフツアー機構(JGTO)の新体制に、暗雲が垂れ込めてきた。

 青木功新会長のサポート役である松井功副会長が、財界展望新社とゴルフライター宮崎紘一氏を名誉毀損等で提訴。その第1回公判が7日、東京地裁で開かれた。

 松井副会長が個人で提訴したものだが、冒頭から異様な展開になった。訴えた松井副会長側が、いきなり提訴取り下げをほのめかしたが、被告側が「反訴を提起し、白黒ハッキリさせる」と、公判を維持していく構えを見せたからだ。

「すでにネット上でも書かれており、被告側の名誉もかかっている。取り下げれば済むというものではない」という主張だ。

 どちらが被告だか分からない展開となり、和解では済まない状況になってしまった。

 訴訟は月刊誌ZAITEN10月号に掲載された「日本ゴルフツアー機構松井功副会長の『暴走』で事務局は崩壊寸前」という記事に対して提起された。宮崎氏が、松井副会長によって4人の職員が相次いで退職している事実を暴露。怪文書と、その背後にあるコンピューターシステム変更を巡る疑惑に鋭く迫っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

もっと見る