• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青木JGTOに早くも暗雲…松井功副会長めぐる裁判ドロ沼化

 今年発足した日本ゴルフツアー機構(JGTO)の新体制に、暗雲が垂れ込めてきた。

 青木功新会長のサポート役である松井功副会長が、財界展望新社とゴルフライター宮崎紘一氏を名誉毀損等で提訴。その第1回公判が7日、東京地裁で開かれた。

 松井副会長が個人で提訴したものだが、冒頭から異様な展開になった。訴えた松井副会長側が、いきなり提訴取り下げをほのめかしたが、被告側が「反訴を提起し、白黒ハッキリさせる」と、公判を維持していく構えを見せたからだ。

「すでにネット上でも書かれており、被告側の名誉もかかっている。取り下げれば済むというものではない」という主張だ。

 どちらが被告だか分からない展開となり、和解では済まない状況になってしまった。

 訴訟は月刊誌ZAITEN10月号に掲載された「日本ゴルフツアー機構松井功副会長の『暴走』で事務局は崩壊寸前」という記事に対して提起された。宮崎氏が、松井副会長によって4人の職員が相次いで退職している事実を暴露。怪文書と、その背後にあるコンピューターシステム変更を巡る疑惑に鋭く迫っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る