日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪候補に急浮上 「黄金世代」新ヒロイン早田ひなの実力

 パワーのアドバンテージを生かせるか。

 女子卓球の早田ひな(16=世界ランク24位)は今月、世界ジュニア女子団体とワールドツアーグランドファイナル21歳以下の女子シングルス、さらに浜本由惟(18=同23位)と組んでのダブルスも制覇。東京五輪代表候補に急浮上した。

 早田は、リオ五輪代表の伊藤美誠(16=同9位)や、10月のW杯米国大会で日本人初優勝(大会最年少記録)を成し遂げた平野美宇(16=同11位)と同じ2000年生まれ。前卓球女子日本代表監督の村上恭和氏(現日本生命女子卓球部監督)によれば、「福原愛、石川佳純など、個別に才能のある選手はいたが、ここまで能力のある選手が揃った世代はない」という。よってこの3人は「黄金世代」と呼ばれているが、それぞれ持ち味が違う。

 前出の村上氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事