日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

13歳で世界卓球ジュニアV 張本智和“驚異のポテンシャル”

 本人は本気だ。卓球の世界ジュニア選手権(18歳以下)は7日、南アフリカのケープタウンで行われ、男子シングルス決勝で、中学1年の張本智和が趙勝敏(韓国)に4―3で勝ち優勝。男子シングルスでは史上最年少(13歳163日)での栄冠となり、団体に続く金メダルとなった。ちなみに男子シングルスの日本選手優勝は11年大会の丹羽孝希(明大=リオ五輪団体銀メダル)以来、史上3人目の快挙だ。

「東京五輪で金メダルを取る」と公言している張本クンの両親は中国出身。母親は世界大会にも出場した元卓球選手で、息子には2歳からラケットを握らせ、小学生の大会では初の世代6連覇を達成。「男子版の福原愛」とも呼ばれている。

 現在の世界ランクは70位台ということもあり、20年東京五輪の代表入りは厳しいとの声もあるが、リオ五輪女子団体銅メダルの伊藤美誠(16)も、ロンドン五輪直後の世界ランクは150位台。そこから急成長して15年には国内トップ3(同10位)に入ったことに、日本代表の村上前監督も「まさか代表に入ってくるとは……」と驚いていた。

 小学生の高学年から中学生の頃は、体も日に日に大きくなり、まるでスポンジが水を吸うように技術の吸収も早い。線は細いが、すでに身長は170センチ近くある張本クン。代表決定まではあと3年もあるから、リオ団体銀メダリストを脅かす存在になることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事