田沢獲得のマーリンズ 「2年14億円」奮発に2つの理由

公開日:  更新日:

 戦力だけを期待されているわけではなさそうだ。

 マーリンズと2年総額1200万ドル(約14億1600万円)で契約した田沢純一(30=前レッドソックス)。マーリンズではレッドソックス時代同様、七、八回のセットアッパーとして起用される見込みだ。新たに獲得した守護神ジーグラー(前レッドソックス)へのつなぎ役を任される予定だが、マーリンズが評価したのは実力はもちろん、球団ビジネスの側面もあるからだという。

 マーリンズは18年にも日本で開幕戦を実施する計画を進めている。日本での知名度を高めて日系企業からスポンサーを募ったり、日本人ファンを増やすためだ。今回の田沢獲得はイチローとともに日本開幕戦の集客の目玉にしたいとの思惑もあるとされる。日本開幕戦の入場料収入は主催球団に入るため、マーリンズはイチローと田沢を使ってひと儲けを画策しているといわれるが、それだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る