田沢獲得のマーリンズ 「2年14億円」奮発に2つの理由

公開日: 更新日:

 戦力だけを期待されているわけではなさそうだ。

 マーリンズと2年総額1200万ドル(約14億1600万円)で契約した田沢純一(30=前レッドソックス)。マーリンズではレッドソックス時代同様、七、八回のセットアッパーとして起用される見込みだ。新たに獲得した守護神ジーグラー(前レッドソックス)へのつなぎ役を任される予定だが、マーリンズが評価したのは実力はもちろん、球団ビジネスの側面もあるからだという。

 マーリンズは18年にも日本で開幕戦を実施する計画を進めている。日本での知名度を高めて日系企業からスポンサーを募ったり、日本人ファンを増やすためだ。今回の田沢獲得はイチローとともに日本開幕戦の集客の目玉にしたいとの思惑もあるとされる。日本開幕戦の入場料収入は主催球団に入るため、マーリンズはイチローと田沢を使ってひと儲けを画策しているといわれるが、それだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る