日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

レアルと鹿島の決定的な違いはスピードだ

 クラブW杯決勝で強豪レアル・マドリード相手に善戦して「世界2位」となった鹿島アントラーズ。レアル相手にまずはしっかり守り、ここぞという局面で攻撃のギアを上げ、ゴールを予感させるようなカウンターを仕掛けていった。  

 選手全員が自陣に引きっぱなしの専守防衛だったら、あそこまでレアルのゴールには近づけなかった。レアルの名前にひるまないで勝負を挑んでいき、レアルに計30本のシュート(ゴール枠内12本)を打たれたが、鹿島のシュート計11本(枠内5本)も悪くなかった。

 明らかに格上の相手に対して鹿島はうまく守ったし、効果的な攻撃も見せた。W杯や五輪で日本代表が成績を残せないでいるが、鹿島の戦いぶりは参考になるだろう。

 クラブW杯での鹿島の奮闘は大きな声で称えたい。ただし――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事