“花の2区”区間賞 名将も太鼓判押す神大・鈴木の伸びしろ

公開日: 更新日:

「久しぶりにいいランナーが出てきましたね」

 箱根駅伝往路2区(23.1キロ)を歴代8位の時計(1時間7分17秒)で走り抜け、区間賞を獲得した神奈川大の鈴木健吾(3年)。その走りを見て目を細めたのが、順大陸上部名誉総監督の澤木啓佑氏(元日本陸連強化委員長)だ。

 澤木氏は、箱根駅伝4連覇(86~89年)を含む9度の優勝を成し遂げた名将。現在は日本学生陸上競技連合の副会長を務める。今年8月のユニバーシアード(台北)に向けた長距離強化施策のひとつとして、鈴木も出場した昨年11月のオランダでの15キロロードレースの選手団を引率した。海外初レースとなった鈴木は、男子日本勢のトップの8位(44分18秒)でゴール。その直後、「鈴木は箱根の2区で区間賞を取るかもしれんぞ」と周囲に漏らしていた。

 そんな澤木氏が、鈴木の走りや今後の可能性についてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  5. 5

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  6. 6

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  7. 7

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    まだまだ売り切れ マスクを店頭で確実にゲットする方法は

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る