• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジョセフHC示唆 仏で控えの五郎丸は19年W杯で戦力外危機

 15年ラグビーW杯日本代表FB五郎丸歩(30)は今後、桜のジャージーに袖を通すことはないかもしれない。

 昨年9月に就任した日本代表ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=47)が19日に会見。昨秋のテストマッチ3試合の総括と17年シーズンに向けての抱負などを明かした。

 今年は豪州、フランスなど強豪とのテストマッチが5試合組まれているだけに「強いチームと戦えるので選手個々のレベルアップを期待したい」と若手の底上げを口にした。代表の選手選考に関しては「(日本から参戦するスーパーラグビーの)サンウルブズでプレーする選手を選ぶ」と断言。大学、トップリーグ、外国人合わせて総勢70人の選手と契約してスーパーラグビーのシーズンを通じて強化する方針を明かした。

 15年W杯代表メンバーには五郎丸、主将でFLのリーチ マイケル(28=昨季はNZチーフス)ら海外のチームでプレーする選手もいる。ジョセフHCは五郎丸らについて「異なる環境でプレーしている選手をリスペクトするが、W杯に向けては一つのスコッド(候補集団)であるべきだ」と候補からの除外も示唆した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る