• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラミレス監督がっかり…道のり険しいDeNAの“100犠打目標”

 第2クール初日、異変が起きた。開幕投手に指名されている左腕の石田健大(23)が、予定されていた打撃投手の登板を回避したのだ。

 ケガを心配する関係者もいたものの、石田は「今日は自分からやめさせてもらった。上半身、下半身のバランスがよくなかった。打者相手だと力感が変わる。フォームがぐちゃぐちゃにならないように、ブルペンで考えながら投げた方がいいと思った」と言えば、ラミレス監督も「体は心配ない。予定通り13日の阪神戦に投げる」と説明。キャンプ序盤の多少の足踏み程度なら何の問題もないだろうが、むしろラミレス監督が心配だったのは野手のバント下手ではなかったか。

 この日、今キャンプで初めて犠打のケース打撃が行われた。走者一塁、走者一、二塁で味方投手が入っての本格的な練習だったが、犠打を打ち上げたり、三塁前に強い打球を転がしたりで約3分の1が失敗という体たらく。ヤクルトから移籍したバントの名手・田中浩が一発で投前に見事なバントを決めると、球場がどよめいたほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る