• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラミレス監督がっかり…道のり険しいDeNAの“100犠打目標”

 第2クール初日、異変が起きた。開幕投手に指名されている左腕の石田健大(23)が、予定されていた打撃投手の登板を回避したのだ。

 ケガを心配する関係者もいたものの、石田は「今日は自分からやめさせてもらった。上半身、下半身のバランスがよくなかった。打者相手だと力感が変わる。フォームがぐちゃぐちゃにならないように、ブルペンで考えながら投げた方がいいと思った」と言えば、ラミレス監督も「体は心配ない。予定通り13日の阪神戦に投げる」と説明。キャンプ序盤の多少の足踏み程度なら何の問題もないだろうが、むしろラミレス監督が心配だったのは野手のバント下手ではなかったか。

 この日、今キャンプで初めて犠打のケース打撃が行われた。走者一塁、走者一、二塁で味方投手が入っての本格的な練習だったが、犠打を打ち上げたり、三塁前に強い打球を転がしたりで約3分の1が失敗という体たらく。ヤクルトから移籍したバントの名手・田中浩が一発で投前に見事なバントを決めると、球場がどよめいたほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る