トップ10入れぬ男子ジャンプ陣 平昌五輪“個人ゼロ”危機

公開日:  更新日:

 男子ジャンプ陣の低空飛行が続いている。

 ノルディックスキー・ジャンプのW杯で4人の日本代表が結果を残せていないのだ。先週26位に終わったエース葛西紀明(44)を筆頭に、日本勢は開幕から2大会(計4戦)続けてトップ10にすら入っていない。

 開幕から2連勝で、歴代2位のマッチ・ニッカネン(フィンランド)に並ぶ、W杯通算46勝をマークした高梨沙羅(20)、2戦連続2位に入った伊藤有希(22)の女子2人が好スタートを切っただけに、男子の低迷ぶりがなおさら際立っている。

 葛西は開幕からの4戦を振り返って「アプローチの滑りを安定させれば、いいジャンプができると思う。焦らずやりたい」と話すが、悠長に構えていられない。今季と来季の結果は18年平昌五輪出場に関わるからだ。

 平昌五輪の男子の出場枠は前回ソチから5人減って65人。今季と来季のW杯総合ランキング上位選手に与えられる。開幕間もないとはいえ、今季のランキングでは33ポイント(P)の伊東大貴(30)が日本勢トップで19位、葛西が25Pで20位、竹内択(29)が24Pで22位。220Pでトップを独走するドーメン・プレブツ(17)ら上位陣に大きく引き離されている。今後は年末年始に行われる伝統のジャンプ週間に向けて海外勢が続々と参戦する見込み。このまま不調が長引けば、ランキングは下がり続け、来季は厳しい巻き返しを強いられる。

 海外の選手の間では、「日本は個人で平昌の滑走路にすら立てないのではないか?」とささやかれているが、現実になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る