柔道GSパリ大会100kg級V 高3飯田健太郎は“異色の超大物”

公開日: 更新日:

 男子柔道に新鋭が現れた。

 12日のグランドスラム(GS)パリ大会の男子100キロ級で高校3年の飯田健太郎(18=国士舘高)が優勝。GS初制覇で世界選手権(8~9月、ブダペスト)の代表候補に浮上した。

 飯田は準々決勝で、リオ五輪90キロ級銀メダルのリパルテリアニ(ジョージア)を大内刈りで沈めるなど、オール一本勝ちで決勝進出。決勝ではリオ3位のマレ(フランス)から技ありを奪って優勢勝ちした。

 海外の強豪を相次いで撃破した18歳に全日本柔道連盟金野潤強化委員長は「どれをとっても何十年に一人の逸材」と持ち上げた。

 188センチと長身ながら動きは軽快。相手の懐に素早く入り込んで豪快に投げ飛ばす内股を得意とする。これまで国内外の強豪を大技で畳に沈めるなど、スケールの大きい柔道は高く評価されるが、飯田の武器はそれだけにとどまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  5. 5

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

もっと見る