新ルールで7階級優勝も…日本柔道「東京五輪」への課題

公開日:  更新日:

 柔道のグランドスラム(GS)・パリ大会最終日は12日、男女計7階級が行われ、男子は100キロ級で飯田健太郎(18=国士舘高)がGS初優勝。男子では他に100キロ超級を王子谷剛志(24)が、女子は70キロ級を新井千鶴(23)、同78キロ超級を朝比奈沙羅(20)が制した。

 これで今大会は男女合わせて計7階級で優勝。昨年のGS東京大会で3位に入った高3の飯田は得意の内股を中心に攻撃を仕掛け、準決勝まで一本勝ち。決勝ではリオ五輪銅メダルのマレ(フランス)に優勢勝ちした。飯田を筆頭に20年東京五輪出場を目指す若い世代が結果を残し世界選手権(8~9月=ブダペスト)代表の有力候補に名乗りを上げた。

 今大会は新ルール導入決定後、初のテストイベント。リオ五輪100キロ超級でテディ・リネール(27=フランス)が決勝で原沢久喜(22)から序盤に指導を奪って、そのまま逃げ切ったことが大きなきっかけとなり、国際柔道連盟(IJF)はルールを変更。技の判定は「有効」を廃止して「一本」と「技あり」のみとなった。男子の試合時間は女子に合わせて4分間に短縮された。今年の世界選手権から適用され、20年東京五輪から正式に採用される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る