全豪4強入り 穂積&加藤“純国産ペア”躍進の裏側と課題

公開日: 更新日:

 日本人初の決勝まで、あと一歩だった。

 25日、テニス全豪オープンの女子ダブルス準決勝で穂積絵莉(22)・加藤未唯(22)組が第2シードのマテックサンズ、サファロバ組にフルセットの末に敗退。日本人ペアとしては史上初となる4大大会決勝進出とはならなかった。

 穂積は「本当にあと一歩だった。自分ができることはやり切った。だからこそ負けて悔しい。世界のトップのペアに通用することは分かった」とコメント。加藤も「互角に戦えたことにうれしい気持ちもあるが、勝ちたかったので悔しい。いつか決勝の舞台で戦いたい」とリベンジを誓った。

 日本人選手の4大大会ベスト4は「全仏オープン」の杉山愛・藤原里華以来15年ぶり。「純国産」ペアがここまで躍進したのは、なぜなのか。

 78年、全豪のダブルスで準優勝した前日本プロテニス協会理事長の佐藤直子氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る