25年目のJリーグいよいよ開幕 六川亨氏が優勝争いを占う

公開日:

 明治安田生命Jリーグが25日に開幕する。J1優勝レースの本命は? 対抗馬は? ズバリ予想する。

 ◇  ◇  ◇

 昨シーズンのCSで川崎F、浦和を撃破してリーグ優勝と天皇杯の2冠に輝いた鹿島が大本命と見る。オフに新潟からJ1屈指のボランチと高評価のレオ・シルバ、神戸から点取り屋のペドロ・ジュニオール、元ブラジル代表FWレアンドロ、元韓国代表GKクォン・スンテと各ポジションで即戦力を補強。00年の国内初となる3冠、07年からリーグ3連覇を達成した全盛期並みの陣容となった。

 対抗馬は、16年リーグ年間勝ち点が1位だった浦和だろう。補強の目玉は新潟から獲得したFWラファエル・シルバひとり。しかしペトロビッチ監督が「今シーズンも昨シーズン在籍選手が中心になる」と言うようにチームは円熟期を迎え、長丁場のシーズンに必要な安定感はバツグンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る