記録&賞金狙うキプサング 東京マラソン後に政治家転身か

公開日:  更新日:

「気候とペースメーカーさえ良ければ、十分に狙える――」

 26日号砲の東京マラソンで優勝候補筆頭であるウィルソン・キプサング(34=ケニア)が、同国のデニス・キプルト・キメットが持つ世界記録(2時間2分57秒)更新を宣言した。

 24日に他の招待選手と共に会見したキプサングは、目標タイムを「2時間2分50秒」と明言。23日には今大会から変更になった新コースを下見したそうで「かなり平ら。鋭角な曲がり角もあるが、(世界記録を)更新できたとしてもサプライズではない」と自信たっぷりに話した。

 前世界記録(2時間3分23秒=13年ベルリン)保持者のキプサングは、母国ケニアではホテルを経営する実業家でもあるが、3月で35回目の誕生日を迎えることで政治家になるための準備も進めている。


 すでに政党「ジュビリー・アライアンス党」から候補者のひとりとして擁立を打診され、正式な推薦が得られ次第、国政選挙に立候補する。8月8日に行われる総選挙に向けて「経済発展、生活向上、スポーツ振興に貢献したい」と公約も掲げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る