高速コースでも衰退露呈 日本はマラソンから競歩の時代に

公開日: 更新日:

 期待したファンは、がっかりだった。

 26日の東京マラソンは東京駅前がゴールの新コース。終盤の激しいアップダウンが消えて、世界記録(2時間2分57秒)や日本記録(2時間6分16秒)の更新が注目された。男子は、「2時間2分50秒」を宣言していた前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(34=ケニア)が、世界新記録には届かなかったものの、国内では初の2時間3分台となる2時間3分58秒で優勝。2時間3分台は自身4度目だ。

 女子も、サラ・チェプチルチル(32=ケニア)が国内最高タイムの2時間19分47秒で優勝したが、日本男子マラソンの現実をあらためて突き付けられたレースだった。

 8月の世界選手権(ロンドン)の選考会を兼ねていた日本男子のトップは、8位でゴールした井上大仁(24)。記録は2時間8分22秒だった。昨年までのコースは36キロすぎからアップダウンの連続で選手泣かせだった。それでも2015年大会では、7位の今井正人が2時間7分39秒で走っている。コースが平坦になっても、2時間6分台どころか、7分台さえ出なかった結果を受けて、陸上ジャーナリストの菅原勲氏はこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る