高速コースでも衰退露呈 日本はマラソンから競歩の時代に

公開日: 更新日:

 期待したファンは、がっかりだった。

 26日の東京マラソンは東京駅前がゴールの新コース。終盤の激しいアップダウンが消えて、世界記録(2時間2分57秒)や日本記録(2時間6分16秒)の更新が注目された。男子は、「2時間2分50秒」を宣言していた前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(34=ケニア)が、世界新記録には届かなかったものの、国内では初の2時間3分台となる2時間3分58秒で優勝。2時間3分台は自身4度目だ。

 女子も、サラ・チェプチルチル(32=ケニア)が国内最高タイムの2時間19分47秒で優勝したが、日本男子マラソンの現実をあらためて突き付けられたレースだった。

 8月の世界選手権(ロンドン)の選考会を兼ねていた日本男子のトップは、8位でゴールした井上大仁(24)。記録は2時間8分22秒だった。昨年までのコースは36キロすぎからアップダウンの連続で選手泣かせだった。それでも2015年大会では、7位の今井正人が2時間7分39秒で走っている。コースが平坦になっても、2時間6分台どころか、7分台さえ出なかった結果を受けて、陸上ジャーナリストの菅原勲氏はこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る