日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新コースで異次元記録 キプサング2時間3分ショーの舞台裏

 記録に注目が集まった今年の東京マラソン。日本勢は不甲斐ない結果に終わったが、海外招待選手のウィルソン・キプサング(34=ケニア)は、国内初の2時間3分台となる2時間3分58秒の記録で優勝した。

 11回目を迎えた今年の大会は、ゴールを臨海副都心の東京ビッグサイトから東京駅前に変更。昨年まで選手を泣かせた終盤の激しいアップダウンをなくし、平坦なコースで好記録を狙わせた。

 大会関係者は当初、交通規制や周辺住民への影響なども考え、コース変更には消極的だった。

 しかし、07年から始まった東京マラソンは13年にワールドマラソンメジャーズ(WMM)に加入。ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークシティーという世界の5大マラソン大会に肩を並べることになったものの「実質」が伴っていなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事