• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新生なでしこは6位 アルガルベ杯で見えた課題と収穫

 国際親善大会アルガルベ杯(ポルトガル)で日本女子代表「なでしこジャパン」が、8日深夜キックオフの5位決定戦でオランダ相手に2-3で敗れ、6位となった。

 0―2で迎えた前半20分、なでしこは20歳MF長谷川のパスを受けた23歳FW横山が、ゴール正面20メートル地点から強烈ミドルを叩き込んだ。後半16分に相手DFがラフプレーで退場。33分には、20歳FW籾木の鋭いクロスがオウンゴールを呼び込み同点に追い付いた。

 ここからは10人のオランダを圧倒。しかし何度も勝ち越しのチャンスを逃しているうちに試合終了間際、不用意なパスミスからオランダに決勝ゴールを許してしまった。

 試合直後、高倉監督は「集中すべきところで緊張感が切れ、勝負どころで甘さが出た」と憮然とした表情。拍子抜けの結末に怒りを抑えている風情がアリアリだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る