米国戦先発の菅野智之「HR打たれるならぶつける覚悟で」

公開日: 更新日:

 侍ジャパンは20日(日本時間21日)、米国との準決勝を翌日(日本時間22日午前10時試合開始)に控え、試合会場であるドジャースタジアム(米ロサンゼルス)で練習を行った。

 先発の大役を任された菅野(巨人)は肌寒さを感じる曇り空の中、ランニング、遠投などで調整。捕手を立たせたキャッチボールではカーブ、スライダーなど変化球を織り交ぜて感触を確かめた。

 前回登板のキューバ戦(14日)では4回4失点と役割を果たせなかったが、「夢の舞台。(準決勝の先発は)誰しも与えられる役割ではない。球数制限はあるが、気にせず投げたい」とキッパリ。

「2死三塁で2人を四球で出したとしても、どんな形でも抑える気持ちで。本塁打を打たれるくらいなら死球をぶつけるくらいの覚悟でいく」と好調な米国打線封じを誓った。

 会見に臨んだ小久保監督は菅野の起用について「全てを彼に託した。勝つために一番いい投手を選んだ」と説明。「先発が投げている段階で、ある程度リードした展開に持ち込まないと厳しいと思う」と先手必勝を誓った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  10. 10

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る