乱闘劇も呼んで…阪神・藤浪“ノーコン悪化”はイップスか

公開日: 更新日:

 プロゴルファーには、緊張や精神的なダメージなどが原因で、思い通りのプレーができなくなる「イップス」に苦しむ者が少なくない。続投した藤浪も顔面蒼白でそんな状態だった。続く中村への初球のスライダーもすっぽ抜けて顔面付近へ。アップアップの投球はバントミスに助けられたものの、8番谷内(三ゴロ併殺)には8球すべて外角の変化球。畠山への死球が恐怖心となり、直球が投げられずにこの回で降板した。

 高卒1年目から10勝(6敗)をマークした藤浪は、3年目の15年は14勝(7敗)を挙げながら四・死球(82・11)ともにリーグ最多。7勝(11敗)の昨季も70四球は同ワーストだった。

 この日の投球を見たあるOBは「素質はピカイチなのに、年々制球が悪くなるのは技術より心の問題なのか。メンタルトレーナーなどの専門家に相談するべき」と心配する。

 今季初登板は5回、117球、5安打、9四死球、2失点。「守備が長くなってしまい、チームに迷惑をかけた。修正できなかった」と反省した右腕が、WBCで出番が少なかったのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る