巨人坂本とカープ菊池 “死球ゼロ”で打者タイトルが確実に

公開日: 更新日:

 巨人坂本勇人(27)が珍しい首位打者になりそうだ。今季、いまだに死球がないのである。

 好成績の選手は通常、執拗にインコースを攻められるもの。その過程で死球を受けることになるのだが、坂本は1つも当たっていない。しかも、.269と低迷した昨季もゼロ。足掛け2年にわたり、ぶつけられていない。

 29日の巨人戦で180本目のヒットを記録し、最多安打のタイトルを確実にした広島の菊池も死球がない。なお、両リーグで規定打席に達している打者は全部で55人いるが、「死球ゼロ」はこの2人だけである。菊池は理由をこう説明した。

「痛いし、当たるのはイヤなんで、ホームベースから離れ気味に立つようにしています。もちろん、うまくよけるのも大事。テツト(ヤクルト・山田)は背中にドスンと当てられてから打率が下がったじゃないですか。絶対にそうなるんですよ。ハヤトさん(坂本)もよけるのがうまいんじゃないですか。いや、インコースを打つイメージがあるから、広島を含めて内角を攻められなかったのかもしれませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る