• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人坂本とカープ菊池 “死球ゼロ”で打者タイトルが確実に

 巨人の坂本勇人(27)が珍しい首位打者になりそうだ。今季、いまだに死球がないのである。

 好成績の選手は通常、執拗にインコースを攻められるもの。その過程で死球を受けることになるのだが、坂本は1つも当たっていない。しかも、.269と低迷した昨季もゼロ。足掛け2年にわたり、ぶつけられていない。

 29日の巨人戦で180本目のヒットを記録し、最多安打のタイトルを確実にした広島の菊池も死球がない。なお、両リーグで規定打席に達している打者は全部で55人いるが、「死球ゼロ」はこの2人だけである。菊池は理由をこう説明した。

「痛いし、当たるのはイヤなんで、ホームベースから離れ気味に立つようにしています。もちろん、うまくよけるのも大事。テツト(ヤクルト・山田)は背中にドスンと当てられてから打率が下がったじゃないですか。絶対にそうなるんですよ。ハヤトさん(坂本)もよけるのがうまいんじゃないですか。いや、インコースを打つイメージがあるから、広島を含めて内角を攻められなかったのかもしれませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る