日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ転向のケンブリッジ飛鳥 最初の大仕事は“打倒桐生”

 2016年リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストのケンブリッジ飛鳥(23)が14日、所属のドームを退社すると発表。今後はプロ選手として活動するが、新たな所属先はまだ決まっていない。

 ケンブリッジは「2020年東京五輪の個人種目でのメダル獲得を目指し、新たな環境で挑戦していくことを決意した」とコメントしたが、プロならまずはアピールが大事。ライバルでもある桐生(東洋大3年)は高校3年の織田記念100メートル予選で日本歴代2位の10秒01を記録。日本選手としては史上初の9秒台の期待がかかるも、期待を裏切り続けた。今のところ、今年6月の日本学生個人選手権の100メートル準決勝で3年ぶりの自己ベストタイとなる10秒01を出しただけ。

 ケンブリッジはその桐生より100メートルの自己記録(10秒10)が遅く、200メートルでも100分の8秒負けている。プロならスポンサーがつかなければ生活できない。ならば、とりあえず桐生の記録を破って多くの企業に「夢」を与えたいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事