プロ転向のケンブリッジ飛鳥 最初の大仕事は“打倒桐生”

公開日: 更新日:

 2016年リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストのケンブリッジ飛鳥(23)が14日、所属のドームを退社すると発表。今後はプロ選手として活動するが、新たな所属先はまだ決まっていない。

 ケンブリッジは「2020年東京五輪の個人種目でのメダル獲得を目指し、新たな環境で挑戦していくことを決意した」とコメントしたが、プロならまずはアピールが大事。ライバルでもある桐生(東洋大3年)は高校3年の織田記念100メートル予選で日本歴代2位の10秒01を記録。日本選手としては史上初の9秒台の期待がかかるも、期待を裏切り続けた。今のところ、今年6月の日本学生個人選手権の100メートル準決勝で3年ぶりの自己ベストタイとなる10秒01を出しただけ。

 ケンブリッジはその桐生より100メートルの自己記録(10秒10)が遅く、200メートルでも100分の8秒負けている。プロならスポンサーがつかなければ生活できない。ならば、とりあえず桐生の記録を破って多くの企業に「夢」を与えたいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る