プロ転向のケンブリッジ飛鳥 最初の大仕事は“打倒桐生”

公開日:  更新日:

 2016年リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストのケンブリッジ飛鳥(23)が14日、所属のドームを退社すると発表。今後はプロ選手として活動するが、新たな所属先はまだ決まっていない。

 ケンブリッジは「2020年東京五輪の個人種目でのメダル獲得を目指し、新たな環境で挑戦していくことを決意した」とコメントしたが、プロならまずはアピールが大事。ライバルでもある桐生(東洋大3年)は高校3年の織田記念100メートル予選で日本歴代2位の10秒01を記録。日本選手としては史上初の9秒台の期待がかかるも、期待を裏切り続けた。今のところ、今年6月の日本学生個人選手権の100メートル準決勝で3年ぶりの自己ベストタイとなる10秒01を出しただけ。

 ケンブリッジはその桐生より100メートルの自己記録(10秒10)が遅く、200メートルでも100分の8秒負けている。プロならスポンサーがつかなければ生活できない。ならば、とりあえず桐生の記録を破って多くの企業に「夢」を与えたいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る