五輪へ陸上女子長距離陣が合宿 マラソン陣はやらないの?

公開日: 更新日:

 とりあえず刺激にはなったようだ。

 陸上女子長距離陣の強化合宿が21日、都内のナショナルトレーニングセンターで報道陣に公開された。

 リオ五輪5000メートル代表の鈴木亜由子や同1万メートル代表の関根花観ら、総勢19人の選手が汗を流した。

 この合宿は20年東京五輪に向けた強化策の一環。鈴木は「普段一緒に練習しない人と走って刺激を受けた。みんなで日本記録を打ち破ろう、という意識が芽生えた。焦らず、世界陸上に照準を合わせていきたい」と言った。

 東京五輪まで、年に3、4回の国内合宿を行っていく予定で、野口英盛五輪強化コーチは「五輪での入賞を目標に掲げてやっていく」と語った。

 1万メートルや5000メートルは男女ともメダルの可能性はゼロに等しく、入賞さえも厳しい状況だが、それはマラソンも同じだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る