五輪へ陸上女子長距離陣が合宿 マラソン陣はやらないの?

公開日: 更新日:

 とりあえず刺激にはなったようだ。

 陸上女子長距離陣の強化合宿が21日、都内のナショナルトレーニングセンターで報道陣に公開された。

 リオ五輪5000メートル代表の鈴木亜由子や同1万メートル代表の関根花観ら、総勢19人の選手が汗を流した。

 この合宿は20年東京五輪に向けた強化策の一環。鈴木は「普段一緒に練習しない人と走って刺激を受けた。みんなで日本記録を打ち破ろう、という意識が芽生えた。焦らず、世界陸上に照準を合わせていきたい」と言った。

 東京五輪まで、年に3、4回の国内合宿を行っていく予定で、野口英盛五輪強化コーチは「五輪での入賞を目標に掲げてやっていく」と語った。

 1万メートルや5000メートルは男女ともメダルの可能性はゼロに等しく、入賞さえも厳しい状況だが、それはマラソンも同じだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る