練習量批判の瀬古リーダーに託されたマラソン強化の不安

公開日: 更新日:

「今の選手は練習量が足りない。ケガを恐れていたのでは話にならない」

 こう語るのは、男子マラソンの元名選手でDeNA総監督の瀬古利彦氏(60)だ。20年東京五輪へ向けて新設された「長距離・マラソン強化戦略プロジェクト」のリーダーに就任すると、3日に行われた東日本実業団対抗駅伝後に報道陣の取材に応じた。

 現役時代は国内大会だけでなく、ボストン、ロンドン、シカゴマラソンにも優勝。ソウル五輪(9位)代表にも選ばれたトップランナーは引退後、エスビー食品陸上部監督に就任。90年から4年間は母校早大競走部のコーチを兼任し、箱根駅伝で総合優勝を果たした。13年からはDeNAランニングクラブの総監督となり、今年のニューイヤー駅伝では5位という成績を残している。

 陸連は瀬古氏の実績を評価して強化戦略チームのリーダーを任せるわけだが、東京五輪まで4年を切った今、「練習量」だけでは2時間3分台で走る選手がゴロゴロいるアフリカ勢にはかなわない。例えば、ケニア選手は標高2000メートル以上の高地で育っているから心肺機能が高い半面、「東京の酷暑には対応できない」なんて声もあるが、気温が高くても結果を残している選手はザラにいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る