ミラン身売り決定でどうなる…“戦力外”本田圭佑の行く末

公開日: 更新日:

 日本代表MF本田圭佑が所属するイタリア・セリエAのミランは現地13日、親会社フィニンベスト社保有の株式の99.93%を中国系の投資家グループである「ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク社」に7億4000万ユーロ(約859億円)で売却したと発表した。

 現在80歳の元イタリア首相ベルルスコーニが86年に買収して以来、ミランは欧州を代表するビッグクラブに成長した。国内外で獲得したタイトルは29。光り輝いた一時代は、今回の身売り劇をもって完全に幕を閉じた。

 ベルルスコーニは「悲しいことだが、欧州の最高レベルで戦っていくには、もはや一家族の投資では限界がある」と自身のフェイスブックでミラン売却の理由を説明。

 ワールドサッカーグラフィック誌元編集長の中山淳氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  8. 8

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  9. 9

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る