ミラン身売り決定でどうなる…“戦力外”本田圭佑の行く末

公開日: 更新日:

 日本代表MF本田圭佑が所属するイタリア・セリエAのミランは現地13日、親会社フィニンベスト社保有の株式の99.93%を中国系の投資家グループである「ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク社」に7億4000万ユーロ(約859億円)で売却したと発表した。

 現在80歳の元イタリア首相ベルルスコーニが86年に買収して以来、ミランは欧州を代表するビッグクラブに成長した。国内外で獲得したタイトルは29。光り輝いた一時代は、今回の身売り劇をもって完全に幕を閉じた。

 ベルルスコーニは「悲しいことだが、欧州の最高レベルで戦っていくには、もはや一家族の投資では限界がある」と自身のフェイスブックでミラン売却の理由を説明。

 ワールドサッカーグラフィック誌元編集長の中山淳氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る