ミラン身売り決定でどうなる…“戦力外”本田圭佑の行く末

公開日: 更新日:

 日本代表MF本田圭佑が所属するイタリア・セリエAのミランは現地13日、親会社フィニンベスト社保有の株式の99.93%を中国系の投資家グループである「ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク社」に7億4000万ユーロ(約859億円)で売却したと発表した。

 現在80歳の元イタリア首相ベルルスコーニが86年に買収して以来、ミランは欧州を代表するビッグクラブに成長した。国内外で獲得したタイトルは29。光り輝いた一時代は、今回の身売り劇をもって完全に幕を閉じた。

 ベルルスコーニは「悲しいことだが、欧州の最高レベルで戦っていくには、もはや一家族の投資では限界がある」と自身のフェイスブックでミラン売却の理由を説明。

 ワールドサッカーグラフィック誌元編集長の中山淳氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

もっと見る