脳梗塞から復活 ラモス氏の驚異的回復のカゲに“3人の女”

公開日:  更新日:

 昨年末に脳梗塞で倒れた後、先月14日にリハビリ病院を退院した元日本代表「背番号10」ラモス瑠偉氏(60)が2日、江東区東雲のフットサル施設「ラモスフィールド」で記者会見を行った。

「先月27日に検査をやって再発なし! 4月1日から仕事に復帰。80歳まで生きて吠えるよ!」と相変わらずのラモス節は健在。

 会見後にはボールを使って軽快にリフティングなどを披露し、完全復活をアピールした。

 発症してから医師も驚くほどの驚異的な回復ぶりを見せたラモス氏。11年に52歳で死去した前妻・初音さんの名前を出しながら「オンナに恵まれた」と言い切った。

「(脳梗塞を起こした時に自宅の)ベッドから転げ落ち、それで妻の俊子が気付いた。ベッドに寝たままだと(気付かれなくて)死んでいた。天国の初音がベッドから落としてくれた。そして俊子がすぐに救急車を呼び、その判断が命を救ってくれた。来月には女の子の初孫も生まれる。本当にオンナに恵まれてますね」

 最後に「神様がもう一度、人生を与えてくれたと思い、これからは人のために、そして日本サッカーのために生きていきたい」と締めくくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る