• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脳梗塞から復活 ラモス氏の驚異的回復のカゲに“3人の女”

 昨年末に脳梗塞で倒れた後、先月14日にリハビリ病院を退院した元日本代表「背番号10」ラモス瑠偉氏(60)が2日、江東区東雲のフットサル施設「ラモスフィールド」で記者会見を行った。

「先月27日に検査をやって再発なし! 4月1日から仕事に復帰。80歳まで生きて吠えるよ!」と相変わらずのラモス節は健在。

 会見後にはボールを使って軽快にリフティングなどを披露し、完全復活をアピールした。

 発症してから医師も驚くほどの驚異的な回復ぶりを見せたラモス氏。11年に52歳で死去した前妻・初音さんの名前を出しながら「オンナに恵まれた」と言い切った。

「(脳梗塞を起こした時に自宅の)ベッドから転げ落ち、それで妻の俊子が気付いた。ベッドに寝たままだと(気付かれなくて)死んでいた。天国の初音がベッドから落としてくれた。そして俊子がすぐに救急車を呼び、その判断が命を救ってくれた。来月には女の子の初孫も生まれる。本当にオンナに恵まれてますね」

 最後に「神様がもう一度、人生を与えてくれたと思い、これからは人のために、そして日本サッカーのために生きていきたい」と締めくくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  9. 9

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る