• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脳梗塞から復活 ラモス氏の驚異的回復のカゲに“3人の女”

 昨年末に脳梗塞で倒れた後、先月14日にリハビリ病院を退院した元日本代表「背番号10」ラモス瑠偉氏(60)が2日、江東区東雲のフットサル施設「ラモスフィールド」で記者会見を行った。

「先月27日に検査をやって再発なし! 4月1日から仕事に復帰。80歳まで生きて吠えるよ!」と相変わらずのラモス節は健在。

 会見後にはボールを使って軽快にリフティングなどを披露し、完全復活をアピールした。

 発症してから医師も驚くほどの驚異的な回復ぶりを見せたラモス氏。11年に52歳で死去した前妻・初音さんの名前を出しながら「オンナに恵まれた」と言い切った。

「(脳梗塞を起こした時に自宅の)ベッドから転げ落ち、それで妻の俊子が気付いた。ベッドに寝たままだと(気付かれなくて)死んでいた。天国の初音がベッドから落としてくれた。そして俊子がすぐに救急車を呼び、その判断が命を救ってくれた。来月には女の子の初孫も生まれる。本当にオンナに恵まれてますね」

 最後に「神様がもう一度、人生を与えてくれたと思い、これからは人のために、そして日本サッカーのために生きていきたい」と締めくくった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る