フィギュア国別対抗 羽生結弦は首位浮上も「申し訳ない」

公開日: 更新日:

 フィギュアスケート国別対抗戦第2日(21日)の男子フリーは、前日のSPで7位と出遅れた羽生結弦(22)がフリー200.49点で1位となった。写真は演技中のシーンだ。

 SPで4回転を2つとも失敗した悔しさからか、前夜は明け方まで眠れなかったという。初めて3種類の4回転を5本組み込む構成にチャレンジすることを決意し4本着氷。そのうち3本を得点の高い後半に決めた。

 それでも冒頭の4回転ループに続く4回転サルコーは、タイミングが合わず1回転に。今季最終戦でベストのジャンプが出来なかったことが不満なのか、「結果的にすごく悔しい。申し訳ない」とコメントした。

 なお、SP首位の宇野昌磨(19)は198.49点で2位に。日本は首位をキープした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  3. 3

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  4. 4

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  5. 5

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  6. 6

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  7. 7

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  8. 8

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  9. 9

    ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る