公式練習で2度着氷 樋口新葉に“3回転アクセルの遺伝子”

公開日:

 十字架を背負うことになるのか。

 20日に開幕するフィギュアスケートの世界国別対抗戦(東京)の公式練習が行われ、樋口新葉(16)が、浅田真央の代名詞だったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度着氷させた。

 先日の引退会見で真央は、「なんでもっと簡単に跳ばせてくれないのって感じ」と言ったトリプルアクセルだが、体が細かった10代のころはおもしろいように決めていた。

 全日本選手権で2年連続2位の樋口は、「降りたのは初めて。何も考え過ぎずに跳べたかな」と言い、平昌五輪の出場権がかかる来季は「プログラムには入れたい」と新たな武器にするようだ。

 真央が引退した直後に初めて決めたのは奇遇だが、ひょっとすると「魔物」ともいわれるトリプルアクセルの魅力に取りつかれたかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る