フィギュア国別対抗 SP7位の羽生結弦のコメントに見る長所

公開日: 更新日:

 20日に行われたフィギュアスケートの世界国別対抗戦の初日。首位スタートを切った日本勢の中で、唯一、波に乗れなかったのがエースの羽生結弦(22)だ。

 ショートプログラム(SP)では最初の4回転ループが1回転になると、4回転サルコー―3回転トーループでは、サルコーの着氷時にバランスを崩して手をつくなど、あわや転倒という始末。83.51点で7位というまさかの結果に終わった。

 SPの使用曲は、昨年4月21日に他界したプリンスの名曲「レッツ・ゴー・クレイジー」。

「明日が命日なので、そういう気持ちも込めて集中していた。これでは(プリンスの)顔に泥を塗っているようなもの」と、羽生は声を震わせた。

 別にプリンスもプリンスのファンも、誰も気にしちゃいないだろうが、この思い込みの強さこそが羽生の長所なのだろう。もともとSPは苦手の羽生。自他ともに認めるフィギュアスケートの“名人”だって、完全無欠ではないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る