• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主将の吉田亜沙美が若手にダメ出し 女子バスケの夢と現実

 昨夏のリオ五輪で8強入りした女子バスケットボール日本代表が25日、アジアカップ(7月=インド・バンガロール)に向けた合宿を公開。米女子プロバスケットボールWNBAのシアトル・ストームでプレーする渡嘉敷来夢(25)ら一部選手を除く18人の候補が約2時間半のメニューをこなした。

 アジアカップは18年W杯(スペイン)の出場権がかかる。さらにW杯の結果次第では東京五輪の出場権が得られるため、まずはアジアカップ優勝が最低限のノルマになる。

 今回の代表候補にはリオ五輪組の他、昨季のWリーグ(女子日本リーグ)のJX-ENEOSの9連覇に貢献したSGの藤岡麻菜美(23)らの若手も名を連ねた。トム・ホーバスHC(ヘッドコーチ)に説得されて代表復帰を決めたリオ代表主将の吉田亜沙美(29)は、若手の成長に目を細めながらも女子バスケ界についてダメ出しした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る