主将の吉田亜沙美が若手にダメ出し 女子バスケの夢と現実

公開日:  更新日:

 昨夏のリオ五輪で8強入りした女子バスケットボール日本代表が25日、アジアカップ(7月=インド・バンガロール)に向けた合宿を公開。米女子プロバスケットボールWNBAのシアトル・ストームでプレーする渡嘉敷来夢(25)ら一部選手を除く18人の候補が約2時間半のメニューをこなした。

 アジアカップは18年W杯(スペイン)の出場権がかかる。さらにW杯の結果次第では東京五輪の出場権が得られるため、まずはアジアカップ優勝が最低限のノルマになる。

 今回の代表候補にはリオ五輪組の他、昨季のWリーグ(女子日本リーグ)のJX-ENEOSの9連覇に貢献したSGの藤岡麻菜美(23)らの若手も名を連ねた。トム・ホーバスHC(ヘッドコーチ)に説得されて代表復帰を決めたリオ代表主将の吉田亜沙美(29)は、若手の成長に目を細めながらも女子バスケ界についてダメ出しした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る