主将の吉田亜沙美が若手にダメ出し 女子バスケの夢と現実

公開日: 更新日:

 昨夏のリオ五輪で8強入りした女子バスケットボール日本代表が25日、アジアカップ(7月=インド・バンガロール)に向けた合宿を公開。米女子プロバスケットボールWNBAのシアトル・ストームでプレーする渡嘉敷来夢(25)ら一部選手を除く18人の候補が約2時間半のメニューをこなした。

 アジアカップは18年W杯(スペイン)の出場権がかかる。さらにW杯の結果次第では東京五輪の出場権が得られるため、まずはアジアカップ優勝が最低限のノルマになる。

 今回の代表候補にはリオ五輪組の他、昨季のWリーグ(女子日本リーグ)のJX-ENEOSの9連覇に貢献したSGの藤岡麻菜美(23)らの若手も名を連ねた。トム・ホーバスHC(ヘッドコーチ)に説得されて代表復帰を決めたリオ代表主将の吉田亜沙美(29)は、若手の成長に目を細めながらも女子バスケ界についてダメ出しした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る