“特別待遇”で実戦復帰 シャラポワに選手から大ブーイング

公開日:  更新日:

 元世界女王が表舞台に戻ってくる。

 女子テニスの元世界ランキング1位でドーピング違反により1年3カ月の資格停止処分を受けたマリア・シャラポワ(30)が24日開幕のシュツットガルト・オープン(ドイツ)で復帰。世界35位のロベルタ・ビンチ(34=イタリア)との1回戦は、処分解除となる26日以降に組まれることになった。

 処分明けのシャラポワは今大会、主催者推薦による出場だ。元女王への異例の特別待遇には、男女のトップ選手から疑問の声が上がっている。シャラポワと2回戦で対戦する可能性がある同6位のアニエスカ・ラドワンスカ(28=ポーランド)は母国メディアの取材に「ドーピングで処分を受けた選手がワイルドカード(主催者推薦)を与えられるべきではない」と発言。男子世界ランク1位のアンディ・マリー(29=英国)、元女子1位のキャロライン・ウォズニアッキ(26=デンマーク)らトップ選手も「他の選手やWTA(女子テニス協会)に失礼だ」などとかみついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る