ホーバスHCブチ上げ 女子バスケは“肉弾戦”で世界一奪う

公開日:  更新日:

「東京五輪の決勝で米国と対戦して金メダルを取る」――。

 23日、日本バスケットボール協会は新強化体制を発表。女子の日本代表新監督(ヘッドコーチ=HC)にトム・ホーバス氏(49=米国)が就任すると発表。ホーバスHCは、リオでの8位を大きく上回る「世界一」を目標に掲げた。

 現役時代は日本リーグのトヨタ自動車などでプレー経験があり、女子の日本代表でも長らくアシスタントコーチを務めた。日本の弱点として「コンタクト(接触)プレーの少なさ」を指摘した。

 海外の強豪はリオ五輪金の米国を筆頭に、上背がある上にコンタクトプレーが巧み。もちろんバスケではラグビーのようなタックルなどは反則だが、それでも海外勢はゴール前では上半身で相手の動きを止めるなど、体を張った位置取りで常にシュートチャンスをうかがう。それに対し、「日本は逃げているプレーが多い。リバウンドでも、しつこく取りに行かないと負ける」とホーバスHCはいう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る