大会連覇射程圏 トンプソンじわり9位タイ浮上の“威圧感”

公開日:  更新日:

【ワールドレディス・サロンパス杯】

 前年覇者のレキシー・トンプソン(22)が30位発進からトップ10に入ってきた。大会2日目は3番からの4連続を含む5バーディー、1ダブルボギーの69で回り、通算1アンダー9位タイに浮上だ。

 会場で2年続けてトンプソンのスイングを見た石井明義プロがこう解説する。

「1年前はハーフショットみたいにガツンとアイアンのヘッドにボールを当てて真っすぐ飛ばすことに集中していたが、今年はフィニッシュをとっている。それだけ柔らかくボールを打っており、スピンがかかっていない。昨年はピン奥にカップが切られたらバックスピンで遠ざかってしまったが、今年はうまくボールをコントロールできている。ドライバーが飛んで曲がらず、セカンドはほとんどPWかショートアイアンと飛距離のアドバンテージを十分に生かして落ち着いて戦っている。決勝ラウンド2日間は、優勝を争う選手にとって怖い存在になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る