• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大会連覇射程圏 トンプソンじわり9位タイ浮上の“威圧感”

【ワールドレディス・サロンパス杯】

 前年覇者のレキシー・トンプソン(22)が30位発進からトップ10に入ってきた。大会2日目は3番からの4連続を含む5バーディー、1ダブルボギーの69で回り、通算1アンダー9位タイに浮上だ。

 会場で2年続けてトンプソンのスイングを見た石井明義プロがこう解説する。

「1年前はハーフショットみたいにガツンとアイアンのヘッドにボールを当てて真っすぐ飛ばすことに集中していたが、今年はフィニッシュをとっている。それだけ柔らかくボールを打っており、スピンがかかっていない。昨年はピン奥にカップが切られたらバックスピンで遠ざかってしまったが、今年はうまくボールをコントロールできている。ドライバーが飛んで曲がらず、セカンドはほとんどPWかショートアイアンと飛距離のアドバンテージを十分に生かして落ち着いて戦っている。決勝ラウンド2日間は、優勝を争う選手にとって怖い存在になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る