右手首痛でマイアミOP敗退 錦織を悩ます“職業病”の深刻度

公開日:  更新日:

 今度ばかりは重症か。

 男子テニスの錦織圭(27=世界ランキング4位)が29日(日本時間30日)のマイアミ・オープン準々決勝で同40位のファビオ・フォニーニ(29=イタリア)にストレート負け。前日の4回戦で痛めた右手首が悪化し、リターンやショットに精彩を欠き、なすすべなく完敗である。

 錦織は患部の状態について、「(前日の試合では)そこまで大ごとではなかった。急に痛みが出た。原因は分からない」と説明したものの、テニスプレーヤーが手首を痛めるのは珍しいことではない。

 錦織のライバルで、リオ五輪銀メダルのデルポトロ(28=アルゼンチン)は過去に3度もメスを入れている。2010年に初めて手術を受けたデルポトロは、当時の米メディアなどによれば「三角線維軟骨複合体損傷」(TFCC損傷)だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る