• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退先延ばしか? ボルトを駆り立てるルイスへの対抗心

 世界最速男が新国立競技場のトラックを疾走しそうだ。陸上男子100メートル(9秒58)、200メートル(19秒19)世界記録保持者のウサイン・ボルト(30=ジャマイカ)に20年東京五輪に出場する可能性が出てきたからだ。

 25日にIOC(国際オリンピック委員会)が08年北京五輪でボルトらの獲得した400メートルリレーの金メダルを剥奪したと発表。ジャマイカのリレーメンバーだったネスタ・カーター(31)が同五輪のドーピング再検査に引っ掛かり、失格処分になったためだ。

 ボルトは北京五輪から16年リオ大会まで3大会連続で100メートル、200メートルと400メートルリレーの短距離3冠を達成していたが、今回の処分で通算9個の金メダルの1つを失う。

 リオ五輪後には去就に関して「東京まで続けるのはきつい」と今年8月の世界選手権(ロンドン)を最後にナショナルチームからの引退を示唆。世界選手権以降はダイヤモンドリーグなど賞金レースへの参戦に意欲を見せていた。「トップのままで引退したい」とも話していたが、今回の仲間の不祥事で五輪陸上競技での金メダル獲得総数トップの座から陥落。ボルトが何かと対抗心を燃やす同じ陸上短距離のカール・ルイスに金メダル獲得数(9個)で下回るため、引退を20年五輪後に先延ばしする可能性もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る