• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ初先発4失点 虎ドラ2新人小野はエース藤浪脅かせず

「将来的には大エースになれる」

 阪神の金本監督がキャンプ中、紅白戦に登板したドラフト2位新人の小野泰己(富士大)について、大絶賛していた。

 最速153キロのストレート、変化球はキレがあり、キャンプ地を訪れた評論家諸氏は口々に「腕が振れて、非常にいい球を投げる」とうなった。

 開幕一軍は果たせなかったが、二軍で好投を続け、満を持して21日のヤクルト戦にプロ初先発。随所に光るボールを見せたものの、バレンティン、坂口に本塁打を浴びるなど、五回途中4失点で降板。初勝利とはならなかった。一軍の戦力になるには、もう少し時間がかかりそうだ。

 金本監督は欲を言えば小野に勝ってほしかっただろう。首位とはいえ、先発陣で好調を維持しているのはメッセンジャーと秋山くらい。開幕からローテを守ってきた岩貞が19日のヤクルト戦で3敗目(2勝)を喫し、無期限の二軍降格。ここまで3勝2敗、防御率2.55の成績を残している藤浪にしても、20日の同戦では制球が乱れて四回途中KO。高校時代は「日本を代表する投手になる」といわれた逸材も、課題の制球難はなかなか改善されず、好不調の波が激しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る