プロ初先発4失点 虎ドラ2新人小野はエース藤浪脅かせず

公開日:  更新日:

「将来的には大エースになれる」

 阪神の金本監督がキャンプ中、紅白戦に登板したドラフト2位新人の小野泰己(富士大)について、大絶賛していた。

 最速153キロのストレート、変化球はキレがあり、キャンプ地を訪れた評論家諸氏は口々に「腕が振れて、非常にいい球を投げる」とうなった。

 開幕一軍は果たせなかったが、二軍で好投を続け、満を持して21日のヤクルト戦にプロ初先発。随所に光るボールを見せたものの、バレンティン、坂口に本塁打を浴びるなど、五回途中4失点で降板。初勝利とはならなかった。一軍の戦力になるには、もう少し時間がかかりそうだ。

 金本監督は欲を言えば小野に勝ってほしかっただろう。首位とはいえ、先発陣で好調を維持しているのはメッセンジャーと秋山くらい。開幕からローテを守ってきた岩貞が19日のヤクルト戦で3敗目(2勝)を喫し、無期限の二軍降格。ここまで3勝2敗、防御率2.55の成績を残している藤浪にしても、20日の同戦では制球が乱れて四回途中KO。高校時代は「日本を代表する投手になる」といわれた逸材も、課題の制球難はなかなか改善されず、好不調の波が激しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る