• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“日本のメッシ”久保建英は茶髪&黒髪組とも関係バッチリ

 韓国で開催されているU─20(20歳以下)W杯の初戦・南アフリカ戦で決勝点をお膳立てする絶妙ラストパスを繰り出した15歳FW久保建英(FC東京ユース)。

 もともとFCバルセロナ育ちで注目されていたが、「日本のメッシ」の異名にたがわぬ活躍を見せ、海外メディアは「20歳以下の大会で5歳も“飛び越して”プレーしている」(アルゼンチンのスポーツ紙「Olé)などと驚きをもって報じている。「登場した瞬間から才能を見せつけた」と評したのは、対戦相手の南アフリカのサッカー専門サイト「SOCCER LADUMA」。とにかくベタボメなのである。

 その久保は23日、2戦目のウルグアイ戦(日本時間24日午後8時キックオフ)に向け、試合会場の水原W杯競技場で練習を行い、常にリラックスした表情で練習メニューを消化した。現地取材記者が「ピッチ内外で久保はチームメートと良好なコンビネーションを保っている」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る