• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

南ア戦で逆転弾アシスト 久保建英は何が「非凡」なのか

 名門バルセロナの下部組織で育ち、飛び級でU―20(20歳以下)日本代表に呼ばれた15歳FW久保建英(FC東京ユース)が、途中出場したW杯初戦の南アフリカ戦(21日・韓国)で試合を決定付ける大仕事をこなした。

 前半を0-1で折り返した後半3分、磐田FW小川航基(19)が同点ゴールを決め、その10分後にまず見せた。

 後方からのパスを右足でトラップ。FW小川の動き出しとDFの位置を瞬時に把握し、利き足の左足で絶妙スルーパス。FW小川のシュートは相手GKの機敏な飛び出しにクリアされてしまったが、あどけない表情の15歳の“大人びた”プレーにスタンドの観客からはどよめきが起きた。

 そして後半27分だ。久保は左サイドからファーサイドのFW小川をチラ見してDFを幻惑。スパッとマイナス方向にパスを送ると、そこにはG大阪MF堂安律(18)がいた。左足ダイレクトでゴール右サイドネットにボールを流し込んだ堂安は、試合後に「いいところにボールが来た。蹴るだけで良かった」と久保を褒めた。利き足の左足で蹴りやすいところにパスが送られたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る