南ア戦で逆転弾アシスト 久保建英は何が「非凡」なのか

公開日:  更新日:

 名門バルセロナの下部組織で育ち、飛び級でU―20(20歳以下)日本代表に呼ばれた15歳FW久保建英(FC東京ユース)が、途中出場したW杯初戦の南アフリカ戦(21日・韓国)で試合を決定付ける大仕事をこなした。

 前半を0-1で折り返した後半3分、磐田FW小川航基(19)が同点ゴールを決め、その10分後にまず見せた。

 後方からのパスを右足でトラップ。FW小川の動き出しとDFの位置を瞬時に把握し、利き足の左足で絶妙スルーパス。FW小川のシュートは相手GKの機敏な飛び出しにクリアされてしまったが、あどけない表情の15歳の“大人びた”プレーにスタンドの観客からはどよめきが起きた。

 そして後半27分だ。久保は左サイドからファーサイドのFW小川をチラ見してDFを幻惑。スパッとマイナス方向にパスを送ると、そこにはG大阪MF堂安律(18)がいた。左足ダイレクトでゴール右サイドネットにボールを流し込んだ堂安は、試合後に「いいところにボールが来た。蹴るだけで良かった」と久保を褒めた。利き足の左足で蹴りやすいところにパスが送られたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る