5戦ぶり復帰で3安打3打点 DeNA浮上のカギは筒香の股関節

公開日:  更新日:

「日本の4番」らしい活躍だった。

 股関節の違和感から5試合ぶりに復帰したDeNAの筒香(25)。23日の中日戦は4号2ランを含む3打数3安打3打点。

 お立ち台で「(体は)問題ないです」と言い切ったが、股関節の違和感で欠場するのは初めてのこと。塚原トレーナーは「これまでの蓄積で出てきた疲労や痛みの一種。休むと決めたのは本人の意思でもあるし、コーチの提案でもあるし、チームの総意です」と明かした。

 坪井打撃コーチはこう言った。

「WBCの疲れもあるし、あれだけ国を背負って戦ってきて、肉体的にも精神的にも疲労がないわけがない。筒香は体のメンテナンスに時間もお金もかけているので心配はしていないが、これからまだ、シーズンは長いからね」

 WBCでは日本の4番打者として準決勝進出に貢献。休む間もなくシーズンに入り、体が悲鳴を上げたようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る