• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5戦ぶり復帰で3安打3打点 DeNA浮上のカギは筒香の股関節

「日本の4番」らしい活躍だった。

 股関節の違和感から5試合ぶりに復帰したDeNAの筒香(25)。23日の中日戦は4号2ランを含む3打数3安打3打点。

 お立ち台で「(体は)問題ないです」と言い切ったが、股関節の違和感で欠場するのは初めてのこと。塚原トレーナーは「これまでの蓄積で出てきた疲労や痛みの一種。休むと決めたのは本人の意思でもあるし、コーチの提案でもあるし、チームの総意です」と明かした。

 坪井打撃コーチはこう言った。

「WBCの疲れもあるし、あれだけ国を背負って戦ってきて、肉体的にも精神的にも疲労がないわけがない。筒香は体のメンテナンスに時間もお金もかけているので心配はしていないが、これからまだ、シーズンは長いからね」

 WBCでは日本の4番打者として準決勝進出に貢献。休む間もなくシーズンに入り、体が悲鳴を上げたようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る